母の日にカーネーションってなぜ?【意味と花言葉調べてみた】

姫路リウエディングです。

皆さんは母の日といえば、なぜカーネーションなのかご存知ですか?

意味と、気になる花言葉調べてみました。

目次です。

・なぜカーネーションなの?

・カーネーションの花言葉

なぜカーネーションなの?

母の日は5月の第2日曜、そう本日が母の日Mother’s Dayですね。

なぜカーネーションを贈るのか?

由来と意味を見ていきましょう。

発端はなんとアメリカ。

ウェストバージニア州から始まります。

アンナ・ジャービスという女性が、南北戦争で負傷兵のケアをしていた母のアンへの贈り物から始まります。

アンは南北戦争で負傷兵の衛生状態を改善する、マザーズデー・ウォーク・クラブを立ち上げ、なんと敵兵のケアまで行った献身的な女性。

アンが他界した2年後の1907年5月12日。

教会での追悼式で母が好きだった白いカーネーションを参加者に配ったことが母の日の起源となりました。

日本に母の日が行われたのは、明治末期頃であるとされています。

カーネーションの花言葉

一言にカーネーションといっても、さまざまな色味がありますよね。

色によって花言葉が違いますが、簡潔に一文で紹介します。

赤…母への愛・純粋な愛・真実の愛

深い赤…私の心に哀しみを

白…尊敬・私の愛情は生きている

ピンク…感謝・気品・温かい心・美しい仕草

黄色…軽蔑・嫉妬

オレンジ…永遠の幸福

紫…誇り・気品

どうでしょう??

深い赤のカーネーション、高級感あってキレイですよね。

でも、花言葉が…。

黄色のカーネーションも明るくて、性格の明るいお母さんに合いそうです。

しかし、花言葉が…。

来年の母の日には、色味や花言葉にも気をつけておきましょう。

最後に。

姫路リウエディングは、只今休業中です。

しかし、結婚式や結婚式二次会の紹介は出来ます。

気になる方は、Webのメールフォームからお願い致します。

5月末までの自粛、時間をもてあまさずに

有意義に使いましょう。

以下の記事が参考になればうれしいです。

自粛、なにしてます?【普段やれないことをやってみよう】