冠婚葬祭の様式が変わりそうな話し【アフターコロナ】

姫路リウエディングです。

冠婚葬祭事業が大きく動こうとしています。

アフターコロナは新生活様式を生み出し、それによって様変わりするのではないか?とまことしやかに言われております。

新生活様式の在り方

さて、ではどう関係してくるのかを一緒に見ていきましょう。

新生活様式の冠婚葬祭では、

・多人数での会食をさける

・発熱や風邪の症状があれば参加しない

と、あります。

おそらく、これに食事の様式の

・対面ではなく横並びで座ろう

・料理に集中し、おしゃべりは控えめに

これが加わると考えれば、どうでしょう??

厳しいですよね…。

結婚という節目の行事

色々と考えてみましょう。

まず、結婚式について。

◼︎当人の2人だけで挙げる

◼︎フォトウエディングのみになる

じゅうぶん、考えられますよね…。

もしかすると、仏前式が結婚式の常識に変わってくる可能性もあります。

では、披露宴はどうなるんでしょう??

◼︎家でお祝いする

◼︎両家顔合わせが披露宴と変化する

いかがでしょう??

そもそも家で家族で祝う事が常識になるかもしれませんし、

両家顔合わせの食事会自体が、披露宴と変わってくる可能性もあります。

新しい生活様式は、新しい常識になっていくでしょう。

葬祭の部分は、ここでは割愛させて頂きますが、結婚という節目行事は無くなる事はないと個人的には思ってます。

時代の流れに、しっかり対応していきたいですね!